ディベートとは

議論や口論との違い

3.議論や口論、スピーチや会議とはどう違うの?

前のページに述べられたとおり、アカデミック・ディベートでは、その訓練の効果を最大化するために、様々な工夫がなされています。

アカデミック・ディベートは、その名の通り、教育・訓練効果を得ることを第一義的な目的としており、相手を打ち負かすことを目的とする口論、自分の意見を発表し同意を得ることを目的とするスピーチ、議論そのものに目的があるわけではない会議などとは根本的に異なります。

また、単なる対戦形式の討論=ディベートではけしてありません。
しばしばテレビ番組などで対戦形式の討論がセッティングされ、「ディベート術が云々」と述べられることがありますが、ディベートの技術とは相手を論破する技術ではなく(もちろん訓練を通じて、議論の欠陥や詭弁を発見・指摘できる技術も副次的に身につきますが)、様々な材料・情報を多角的に収集・検討し、その上で合理的な判断を下していくための技術です。

 

続きを読む…4.よくある誤解

1.ディベートって何?
2.アカデミック・ディベートの要件
3.議論や口論、スピーチや会議とはどう違うの?
4.よくある誤解
5.ディベートを学ぶメリットは?
CoDAにおけるディベート