ディベートとは

ディベートって何?

1.ディベート概論

ディベートとは「公の場で討論すること」です。

ちょっと難しいようですが、法廷における裁判や、アメリカ大統領選の公開ディベートを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。公の場で議論をしているため、 どちらも論理的に、わかりやすく自分の主張を伝えようとするようになります。
かつ、目的は相手を直接説得して打ち負かすことではありません。裁判であれば、論理と証拠の積み重ねによって自らの立場を証明し、裁判官から自分の目的と する結論を引き出すことですし、大統領選の公開ディベートであれば、聴衆の支持を得ることを目的としてスピーチを行います。

これを、各種教育・訓練効果を得るためのトレーニングとして行うのが、「アカデミックディベート」です。「アカデミックディベート」では裁判のように「肯 定側・否定側」に分かれて第三者である「審査員」を説得するために議論をします。アメリカ・ヨーロッパでは初等 教育に初期の頃から導入されている他、日本においても学校教育や企業研修で、論理的思考力、クリティカルシンキング、メディアリテラシー、プレゼンテー ション能力などを養う手法として高い評価を得ています。

「ディベート」という時には、この「アカデミックディベート」のことを指します。以下ではシンプルに「ディベート」と表記します。

【アカデミック・ディベート以外のディベート】
パーラメンタリー・ディベート…イギリス議会をモデルとした、主に即興でのスピーチ能力を磨くことを目的としたディベートです。議論の内容以外の部分 (ジェスチャーやスピーチ力)なども判定の対象となることが多く、必ずしも緻密な論証は必要とされません。実際の裁判や学会討論・政策決定をモデルとして いるアカデミック・ディベートとは異なります。

【日本語ディベートと英語ディベート】
その構造や内容に大きな差はありませんが、言語が違うために、英語ディベートでは議論の内容そのもの以外の部分(英文和訳・和文英訳から始まり、論題の語 句の解釈や文法の問題などの言語学・論理学的観点など)に、準備および試合において大きな時間が割かれることも多いという特徴があります。当連盟では主に 日本語ディベートの事業を行っています。


続きを読む…2.ディベートの要件

1.ディベートって何?
2.アカデミック・ディベートの要件
3.議論や口論、スピーチや会議とはどう違うの?
4.よくある誤解
5.ディベートを学ぶメリットは?
CoDAにおけるディベート